2015年6月4日木曜日

ウオーキングで便秘対策

運動不足になると血流が悪くなり、腹部の血行も低下することで便秘になりやすくなってしまいます。
自然なお通じを目指すためには、酸素を体内に取り入れながら行う有酸素運動が効果的です。
ウオーキングやサイクリングなどは、腸の働きを活発にすることができるので、毎日の生活の中で無理なく取り入れることが出来ます。
とりわけ、ウオーキングなら、お金もかからず、毎日の生活のなかで無理なくできるでしょう。
ウオーキングの良い点は、汗をかいたり、血液循環が良くなったりすることで、新陳代謝が良くなり腸の働きが活発になります。
そして、体がリラックスしている状態になると、腸の働きが良くなりますが、 適度な有酸素運動をすることで、自律神経が刺激され「気持ちいい」と感じる状態になり、この状態になることで、腸の働きも良くなるのです。
また、歩いて常に腸を動かしている状態にすることで腹筋や背筋などの筋力がつきます。
しかし、運動不足の人がいきなり、背筋を伸ばして早歩きすると言っても、中々難しいので、最初は、いつもより少し多めに歩いてみることから始めて、慣れてきたら1日30分程度を目標に、少し息がはずむ程度のペースを目指してみてください。

乳酸菌革命で便秘解消