2014年11月13日木曜日

水素サプリの水素発生成分

水素サプリと水素水とは、体に吸収されるまでのプロセスが異なりますが、身体に吸収される直前は水素水と同じ水素が水に溶けた状態です。

このため、十分な性能がある水素サプリの効果は水素水と変わりありません。

水素サプリに含まれている水素発生成分は、精製岩塩、サンゴや貝由来のカルシウム、ゼオライト、フラナガン水素(メガハイドレート)の4つあります。

この中で、最も水素発生性能が高く、かつ安全なのが岩塩のミネラルに水素を吸蔵させたマグネシウム含加工食品である精製岩塩です。

しかし、この精製岩塩にはマグネシウムが含まれているため、腎臓への負担が懸念される人もいるかもしれませんが、水素サプリ1粒に含まれるマグネシウム量は10mg程度と、市販マグネシウムサプリの10分の1以下にすぎないため、腎臓への負担は心配ありません。

通常、腎臓への影響が問題になるのはグラム単位の摂取ですから、もし、人工透析をしている人は、摂取前に医師に相談することをお勧めします。

水素サプリを選ぶ際は、成分表示の中に「精製岩塩」と書かれたものを選ぶと間違いがないでしょう。

水素サプリは水と反応して水素を発生させるものであるため、正しく保管すれば途中で水素が抜けることはありません。

開封後は、こまめに蓋あるいはチャックで密封し容器内に湿気が入りにくいよう配慮して保管すれば問題ありません。

「ナチュラ水素」で更年期障害対策

2014年11月7日金曜日

保険無料相談を使って保険料を下げる

生命保険というのはとても高い買い物なのです。一生に払う費用のうち、生命保険はマイホームに次ぐ大きな買い物なんです。
このため、当然、多くの人が「保険料は安い方がいい」、「保険料を安くしたい」と考えますよね。 保険料を安くしたい場合には、不必要に高額な保険に加入しない、削ってもよい部分(保険以外でもカバーできる部分)だけを削るなどの工夫によって、必要な補償を確保しながら、安全に保険料を下げる必要があるのです。
 ところがここで課題が発生してくるわけです。 例えば、月々支払っている保険料は、あなたにとって本当に安いのでしょうか?何年か経つと保険料が高くなることはないのでしょうか?支払いは60歳までですか?それとも一生支払うタイプですか?高齢になると保障内容が薄くなったりすると、歳をとったときに大変ですよ。
支払い総額はいくらになりますか? こうした問題について、あなたは正確に答えられますか?きっと多くの方が答えられないでしょう。
 このように、保険に入っている多くの人は、自分が現在加入している保険について良く理解していないのです。 そのような場合に役に立つのが生命保険無料相談サービスです。
生命保険無料相談サービスでは、あなたにとって本当に必要な生命保険を、納得できる保険料で契約するために、専門知識が豊富な専門のFPが無料であなたの生命保険の見直しに協力してくれます。
 生命保険の無料相談の申し込みをして、お金のプロフェショナルであるFPに相談することで、あなたの現在の生命保険に対する不安を解消することができます。FPは客観的な立場にたってアドバイスをくれますよ。

無料保険相談サービス「保険相談Navi」は顧客満足度98%♪

老後の備えは早い段階から準備

日本人の平均寿命は男性で79.8歳。女性で86.3歳です。ということは、国民の半分は、80歳以上まで生きている確率が高いということです。
例えば30歳の男性が60歳まで働いて、60歳から80歳まで生きた場合に、その余生はさらに20年あるわけです。専業主婦の場合は、夫が60歳で定年を迎えた場合、約30年近くは、夫の現役時代の給与ではなく、年金などで家計をやりくりし、さらに、16年間は、一人で生活しなければならないと言うことです。
ですから、残りの長い人生について、きちんと考えておかなければなりません。逆算をして、ゴールを決めていくらかかるかを計算し、出来るだけ若い内から手を打てば間に合いますが、50歳を過ぎて考えたのでは間に合わないかもしれませんし、間に合うにしてもそこからの負担が大きくなっていまいます。
老後はどこで、どのように暮らしたいか?そのためには生命保険はどのようなものにするか?資産はどのように運用するか?早い段階から老後の資金の準備をしておくことが、今の時代求められているのです。

「保険プレミアム」で保険見直し♪

今加入している保険は大丈夫ですか?

あなたが今入っている保険は、あなたに本当に合っているでしょうか?

■保険種類は合っていますか?
保険はもしもの時の経済的リスクに備えるもの。あなたが本当に備えたい保障をカバーできる保険に入っているでしょうか?  例えば、がんに手厚く備えたい希望があるのに、他の保険の特約になっていて、がんと診断されたときのがん診断一時金などがない保障内容だったりすると十分とはいえないでしょう。

■保険期間は合っていますか?
一定期間だけの保障でよければ定期型の保険で十分ですが、一生涯の保障が必要だというならば終身型で備えたいもの。逆に、一定期間だけ保障を上乗せしたいのであれば、定期型が向いています。目的に合った保険期間になっているでしょうか?

■保障額がオーバーになっていませんか?
死亡保障額が保障額オーバーになっていませんか? もしオーバーしていたら、今の保険の保障額を減らす(減額)か、新規の保険に加入し直して元の保険を解約するといった方法があります。

■保障額が不足していませんか?
死亡保障額が保障額不足になっていませんか? もしも保障額が不足する場合は、不足分を新規加入によりカバーする、または必要な保障額を新規加入によりカバーして元の保険を解約する、といった方法があります。

■保険料が途中でUPすることはありませんか?
入っている保険が更新型であったり、ついている特約が更新型だったりすると、更新のたびに保険料がアップしていきます。これらを承知で加入しているのであれば問題はありませんが、そうでない場合は、保険期間などを見直すことも必要かもしれません。

■特定の保障が欲しい
先進医療特約など今の保険にはついてない保障が欲しいのに、今の保険に特約を追加できない場合は、特約付きの保険に加入して元の保険を解約する方法もあります。

■もっと安くできるかも?
高額保障を割安にカバーできる収入保障保険などを上手に使いましょう。さらに、健康で非喫煙の方だと死亡保障の保険料が安くなる場合があります。見積りを取ってみると、今よりも安く保障をカバーできることがあるかも!? 以上のような点をチェックして気になるところがあれば、保険の見直しをした方がいいでしょう。もし、「そもそも入っている保険の内容がさっぱりわからない」という方は、無料保険相談でFPのアドバイスを受けると良いでしょう。


「保険のトータルプロフェッショナル」で保険見直し・資産運用相談

保険見直しの3ステップ

保険の見直しをする際には、ある程度ステップを踏んで行うと、効率的かつ効果的に行うことが出来ます。

■最新の保険パンフレットをとりよせる(ステップ1)
まずは最新の保険のパンフレットを取り寄せしましょう。自分が加入したころの保険とは随分様変わりしていることに、驚かれると思います。

■どこでも良いので、保険無料相談を利用して相談してみる (ステップ2)
最新のパンフレットを見て、疑問に思ったことなどをメモに書きとめ、どこの保険無料相談でもよいので、とりあえず保険無料相談を利用してみましょう。 おすすめは、保険マンモスです。ここには、イエローカード制という制度があり、『絶対にしつこい勧誘はしないと断言しているので安心して相談できます。

■スイップ2で保険FPが提案した内容が正しいかどうかを確認するために、他に2社、保険無料相談を利用する。(ステップ3)
保険のFPによっては、自分の都合のよいところだけを紹介するところもあるので、確認のために他に2社の相談を利用します。


保険マンモスは、顧客満足度95%の【訪問型】の無料保険相談所♪