2017年5月25日木曜日

エネルギー代謝とは

我々は、体を横にしてまったく体を動かしていなくても、呼吸をしております。その呼吸をすめたには心臓を動かす必要があります。また、体温も一定程度に維持しなければなりません。

基礎代謝とは、身体を健康な状態で維持してさまざまな生命活動を行うために、常に使っているエネルギーのことで、まさに、「生きていくために最低限必要な最小のエネルギー」のことです。そして、そのエネルギーのかなりの部分が熱を作りだすことに使われております。

その基礎代謝量は、1日の総消費エネルギー量のうち、約70パーセントを占めています。エネルギー代謝の内訳は、何もせずにじっとしていても、生命を維持するために必要な「基礎代謝(約60%)」、食事を消化・吸収する際に生じる「食事誘発性熱産生(約10%)」、歩行やスポーツなど「身体活動による代謝(約30%)」になります。

昔と同じような生活をしているのに、太ってしまうのはなぜでしょうか?その大きな原因の1つとして、代謝の低下が考えられます。しかし、無理な食事制限でのダイエットは逆効果です。理想的なダイエットのためには、「代謝」を高く保ってリバウンドしないカラダをつくる必要があります。

「ローカロ生活」は【置き換えダイエット】にピッタリ!!

2017年4月4日火曜日

保険の長期間放置は危険です

あなたは、保険には、もう加入しているので、保険の見直しなんか必要ないと思っていませんか?

このように、長い間、保険の見直しを行うことなく放ったらかしにしていると、知らない間に、生活環境の変化によってもう必要無くなった保障や、ダブった保障のために、無駄な保険料を支払っているなんてことになりかねません。

加入した時に、どんなに割安であった保険料でも、数十年に渡って支払い続ければ、何十万円も損をしてしまうことだってあります。

また、現在、加入している保険が、「万一の時に本当に役に立つのか?」、「保険料は適切なのか?」「保障内容は十分なのか?」について無関心だと、いざというときに、「こんなはずではなかった!!」と後悔することにもなりかねません。

保険を見直しをすることによって、「保険料の節約」が出来て、「自分に必要なピッタリの保障」を手に入れることが出来るのです。

もし、あなたが、「今払っている保険料が高いので見直して節約したい」、「何十年も前に加入した保険をほったらかしにしているので一度見直したい」、「同じ保障がダブってるので見直してシンプルな保険にしたい」と考えているなら、「保険の見直し無料相談サービス」に相談しましょう。

保険の素人が、どの保険が自分にとって本当に良いのかを判断することは困難です。「餅は餅屋」と言いますが、保険のプロに任せたほうが楽だし、割安な保険料で安心の保障を手に入れることができます。

保険見直しなら「保険ゲート」に無料相談!!

2017年1月18日水曜日

変形性ひざ関節症の原因と症状

高齢になるにつれ心配なのが膝の痛みです。その原因はひざ関節の軟骨がすり減って関節炎や変形を発症して痛みなどが起こるもので、変形性ひざ関節症といいます。

ひざ関節が正常であれば、関節の表面は軟骨で覆われています。軟骨は弾力性に富んだ組織からなっており、これによって、衝撃を和らげるとともに関節の動きを滑らかにしてくれます。

また、滑膜から分泌される関節液は、軟骨の成分の1つであるヒアルロン酸を含んだ粘りのある液体で、これも、ひざ関節をスムースに動かす潤滑油と軟骨の栄養の役割を果たしております。

初期の段階では、軽度の関節軟骨の磨耗が生じておりますが、自覚な症状はほとんどありませんが、軟骨の磨耗がある程度すすむ中期になると関節炎が発生します。

これは、ひざの曲げ伸ばしや立ち上がり、歩行時のひざにかかる負担の増加、軟骨や半月板の変性による刺激によるもので、その症状としては、ひざを曲げ伸ばしした時に痛む動作時痛)、曲げ伸ばしが制限される可動域制限が生じます。

進行期に入ると、軟骨の磨耗がさらに進んで、関節の土台の骨である軟骨下骨が露出したり、骨そのものが変形する骨棘が生じたりします。

こうなると、ひざを動かしたり立って歩いたりするたびに、硬い骨同士が直接ぶつかり合うため強い痛みが感じ、曲げ伸ばしも益々制限されるため、日常生活を送る上で大きな障害となります。

タマゴサミンの新成分【iHA(アイハ)】は、節々のツラ~イ悩みに応えます♪

2017年1月6日金曜日

黒酢は食中毒や糖尿病にも有効

冷蔵庫など無かった時代、夏の暑い時期に食べ物が腐るのを防ぐため、酢を使っておりました。今では、日本食の代表的なものになったお寿司などはその典型的な食べ物です。

黒酢などの米酢には、病源菌に対しては、チフス菌やパラチフス菌は10分で、赤痢菌は25分で、大腸菌は30分で死滅させる殺菌作用があります。

また、食中毒を引き起こすサルモネラ菌、化膿性ブドウ状球菌、腐敗肉中毒菌などは5分で、好塩菌に至っては僅か1分で死滅させると言われております。

このように、黒酢などの米酢には強力な殺菌力があり、腐敗菌の繁殖を抑えて防腐作用を発揮します。

こうした、殺菌・防腐作用は、酢中に多量に含まれる有機酸の働きによるものです。

また、黒酢などの米酢は、糖尿病の予防・改善にも役立つと言われております。

黒酢を積極的に利用することによって、生活習慣病にかからない健康的な生活を実現することができるのです。

黒酢成分を定期的、安定的、かつ習慣的に摂るためには、黒酢サプリメントが便利です。

三黒の美酢の【黒酢ダイエット】は顧客満足度92.4%!!

2016年7月14日木曜日

アレルギー対策布団とは

アレルギー対応布団はダニアレルギー、喘息、アトピー、アレルギー性鼻炎など、様々なアレルギーっ子に適した特徴を備えている布団のことを言います。


アレルギー対策布団(または防ダニ布団、アレルギー対応布団、抗アレルギー布団とも呼ばれます)の大きな特徴は、
■ダニが付きにくい

■ホコリが出にくい

■丸洗いしやすい(中には丸洗いができないものもあります)

この3つ以外にも、素材に薬品を一切使わないという特徴を持つものもあります。

掛布団や敷布団だけでなく、布団カバーやシーツ、毛布、枕カバーなどもアレルギー対応のものが発売されています。

アレルギー用布団は、子供の布団だけをアレルギー用布団に買い替えただけでは効果が期待できないと言われております。

すなわち、たとえ子供の布団をアレルギー対策布団に替えたとしても、家族が普通の布団を並べて寝れば、隣の布団に付いたアレルゲンを吸ってしまうことになるからです。

このため、アレルギー用の布団を購入するときは、子供の分だけではなく、家族全員の布団も買い替えなければあまり意味がないということです。

その効果の程は、就寝時の子供の鼻づまりや咳が減った、子供が夜中に喘息の発作を起こさなくなったなど、布団をアレルギー対応のものに買い替えたことによって、子供のアレルギー症状の改善を実感している人は結構いるようです。

では、アレルギー用の布団は、どれくらいするのでしょうか。その値段は実にピンきりですが、普通の布団よりもやはり高額なことは間違いありません。

掛敷布団のセットで1万円台後半のものもあれば、5~6万円するものも(布団カバーやシーツは含まない料金です)。

しかも、どんなに安い布団を選んだとしても、家族全員分の布団を買い替えるとなると結構な出費になることは否めません。

高性能掛け布団「陽だまりの休息」はアレルギーや冷え性に効果的♪

2016年3月22日火曜日

子育ての基本は

子供は経験不足で発達段階にあるため、何にでも興味を示し、後先考えずに手を出したり、ものを壊したりと数え切れないほどの失敗を繰り返します。 子供は、そうした失敗を繰り返すことによって、身をもって色んなことを体験し学んで行きます。 親は、ともすると、そうした子供の失敗を、時には「ダメ!!」と叱って止めさせようとし、場合によっては「しつけ」と称して体罰を加えようとします。 でも、これは誤りです。子供が失敗するのは当たり前のことであり、子供の仕事は、数え切れないほどの失敗を犯すことなのです。 親が子供と接するにあたっては、このことをしっかりと胸に刻んでおくことが大切です。そして、子供の失敗に対して寛大になり、許してあげ、そして、教えることです。これが親の仕事になります。 子供が失敗したら、まず許してあげ、次いで、なぜいけなかったのか、どこがいけなかったのかを教えてあげましょう。 教育は「教えて育む」と書きます。子供の失敗に対して許し、正しい物事を教えることが、教育なのです。 子供用品&子役オーディション情報館

2015年6月4日木曜日

ウオーキングで便秘対策

運動不足になると血流が悪くなり、腹部の血行も低下することで便秘になりやすくなってしまいます。
自然なお通じを目指すためには、酸素を体内に取り入れながら行う有酸素運動が効果的です。
ウオーキングやサイクリングなどは、腸の働きを活発にすることができるので、毎日の生活の中で無理なく取り入れることが出来ます。
とりわけ、ウオーキングなら、お金もかからず、毎日の生活のなかで無理なくできるでしょう。
ウオーキングの良い点は、汗をかいたり、血液循環が良くなったりすることで、新陳代謝が良くなり腸の働きが活発になります。
そして、体がリラックスしている状態になると、腸の働きが良くなりますが、 適度な有酸素運動をすることで、自律神経が刺激され「気持ちいい」と感じる状態になり、この状態になることで、腸の働きも良くなるのです。
また、歩いて常に腸を動かしている状態にすることで腹筋や背筋などの筋力がつきます。
しかし、運動不足の人がいきなり、背筋を伸ばして早歩きすると言っても、中々難しいので、最初は、いつもより少し多めに歩いてみることから始めて、慣れてきたら1日30分程度を目標に、少し息がはずむ程度のペースを目指してみてください。

乳酸菌革命で便秘解消